高級デリヘルの面接は厳しい?

高級デリヘル嬢になるには厳しい面接に合格しなければなりません。その実態を調査!! - 高級デリヘルで面接を受ける時のポイント

高級デリヘルで面接を受ける時のポイント

高級デリヘル店の従業員採用基準には、大きく2通りあると言われています。

雰囲気に高級感を備えている女性と、素人に近いが人気のありそうな女性に分かれるのです。

前者の高級感を備えているというのは、態度や行動に落ち着きがあり、しっかりしたマナーやエチケットを備えている女性です。

kurogami

後者の素人性とは、チャーミングで清潔感のある爽やかなイメージと若々しい躍動感をもつ女性です。

面接を受ける時には、まず自分がどちらのタイプなのかを分析することが大切です

一般常識を兼ね備えていると思えるのであれば前者を選びましょう。

顧客には一定のレベル以上の男性が多いため、接客する女性も同じようなレベルであれば面接合格は間違いなしでしょう。

もし後者を選ぶのであれば、面接では爽やかなイメージを前面に出すことが大事です。

健康的な服装や髪形にして、能動的に映るように薄めの化粧にすると、面接担当者にも清純さのようなものをアピールできるはずです。

全く化粧っ気が無いのはNGですが、あえて薄い化粧で素人っぽさを演出すると面接合格の範囲に入るはずです。

面接で一番大切なポイントは、仕事の穴を開けないことをアピールすることです。

風俗店の商品でもあるデリヘル嬢は、ネットなどで予約を受けていますので、店側の都合でキャンセルするのは信用問題になってしまいます。

hip

与えられた仕事を確実にこなす第一歩として面接時間には絶対に遅れないことと、履歴書などの指定された書類は確実に用意することが必要です。

そして確実に合格できるキーワードを覚えておきましょう。

風俗の世界では、店と女性と顧客をつなぎとめるのはお金と信用です。

特に稼ぎは重要になってきますので、1日3万円の賃金で出勤日数を割り出して1月分の賃金を出しておきましょう。

「お金を稼ぎたい」と言うのが合格必須のキーワードになります。